映画とマラソンと、時々、読書

雑文を書き溜めてます

筑波山

 一ヶ月ぶりの丸一日オフ。初めて筑波山に登ってきた。

御幸ヶ原コースという登山道を進みながら、ちょうど10年前の夏、一人旅で東京からママチャリで富士山に行って、途中の山小屋に泊まるお金が無くて9合目で野宿したことなんかを思い出した。

富士山の登山道はあまりにも昔のことだから覚えてないけれど、今日の筑波山の方が勾配が急で辛かったような気がする。まぁ富士山は5号目からしか登ってないし、今日の筑波山は昨日の雪の影響で足場が悪かったせいもあるけれど。

今日は女体山に行ったんだけど、山頂は足場が不安定なのに柵やロープが一切ない岩場になっていて、人生で一番怖ろしい山頂だった。

あんな飛び降り台みたいな山頂じゃあ、強風に煽られて転落してしまう人が年に数人いてもおかしくないと思うんだけど、どうだろう。

山頂からの眺望は素晴らしかった。霞ヶ浦が想像以上に大きかった。でも、琵琶湖は霞ケ浦の数倍広いらしいからすごい。琵琶湖にはまだ行ったことないからいまいちピンとこないけれど。

それと、父親からもらった双眼鏡で街を眺めていたら、筑波大学も見えた。僕は国公立の後期受験で筑波に出願していたから、もし筑波に進学していたとしたら今頃どんな自分になっていたんだろう。

富士山といい大学受験といい、昔のことがよく思い出された筑波山登山だった。