しいたかのブログ

雑文を書き溜めてます

カラオケ

社会人になってから一度もカラオケに行ってなかったけど(多分)、ここ最近はカラオケに行く機会が2回ほどあった。

今まで自分よりも上の世代の人が70~80年代の曲を口ずさんだりカラオケで歌ったりするの聞くと「おぉ、古いなぁー」なんて内心思ったりしていて、そこに一つの世代の区切りを見ていた。

でも最近カラオケに行って、そんなふうに思う僕だって自分が歌える曲がどれも少なくとも10年以上前の曲であることに気づいて愕然とした。

きっと「今どきの人」はカラオケに行ったらback numberや欅坂46の曲を歌うはずで、僕は最近の曲はまったく知らないから、ここにも一つの世代の区切りがあることになる。

そういうわけで、「僕ってもう若くないんだなぁ…」とカラオケで思い知らされたのでした。